HISTORY

日本ららばい協会の歴史をご紹介いたします

日本ららばい協会は、平成12年の設立から子守唄をキーワードに
虐待防止と子育て支援の活動を行っています。

沿革

設立21年目、さまざまな活動をしてきました。小さいけれど確実な歩みの一端をご紹介します。

2000年11月10日 ・東京・台東区で日本子守唄協会設立。
・会長松永伍一、副会長中川志郎、理事西舘好子。
2002年9月13日 ・特定非営利活動法人日本子守唄協会成立。
2003年3月 ・江戸開府400年記念公演。子ども未来財団・いしかわ
・子育て支援財団との協同事業。
2004年4月 ・冬の風物詩「富山子守唄フェスタ」開始。
以降毎年2月の恒例行事となる。
・協会小冊子「子守唄」発刊。
2005年 ・愛・地球博参加~子守唄は地球をめぐる平和の天使~
・日本子守唄協会盛岡支部結成。
・西舘の手による「子守唄よ甦れ」藤原書店より出版。
・台東区子守唄講習会始まる。
2006年 ・アジアの子守唄として、韓国、中国、台湾などの地域の子守唄を収集し、イベントで普及広報していく。
・文京区の文身連(文京区心身障害福祉団体連合会)との子守唄教室始まる。
・上野駅で、駅コン開催。
・CDブック「日本の子守唄100選」完成。
・池上本門寺での聲明コンサート。
2007年 ・新潟日報社とのコンサート開始。
・「唄いつぐ」が産経新聞社で連載開始。
・岩手県遠野市にてイベント「むかし話と子守唄」開始。
・日本子守唄協会横浜支部設立。
2008年 ・2代目会長に医学者、小林登就任。
・京都でのイベント、この年より開始。
・神社庁、保育連盟との連携で子守唄のイベント。
・日本の唱歌の広報、唱歌研究会発足。
・茨城県子守唄指導員育成講演会始まる。
・全国幼稚園教育研究会連携事業開始。
・富山射水郡大島・絵本館との連携事業始まる。
・スミセイ子育てフォーラム開始。
・日本子守唄協会相模支部設立。
・日本財団とのイベント開催。
・浄土宗セミナー開始。
・こどもの虐待防止支援フォーラム開始。
・児童虐待防止DVD制作。
2009年 ・設立10周年記念公演「人生は子守唄にのって」開催。
・協会小冊子「ララバイ通信」発刊。
2011年 ・東京で、東日本大震災復興祈念チャリティーコンサート開催。
・被災地巡回慰問コンサートで被災地を巡回。
2012年 ・児童虐待防止活動本格的開始。
・文部科学省復興教育支援事業、夏期体験旅行「僕らの未来学ぼう日本」開催
2013年 ・児童虐待いじめ問題を考えるシンポジウム開催。
2014年 ・3代目会長に湯川れい子就任。
・協会小冊子「ららばい通信」第1号発刊。
2015年 ・児童養護施設「みちのくみどり学園」の子どもたちへの応援歌として子守唄巡回公演が始まる。
2016年 ・教材雑誌として「子守唄さんありがとう」完成。
・アイヌの子守唄に着手。
2017年 ・赤い鳥運動史研究始まる。
・世界の童謡収集とイベントに着手。
・教会礼拝堂でのコンサート開催。
2018年 ・西舘好子、会長、理事長兼任。
・子守唄講習会全国7か所で開催。
・虐待月間イベント開催。
2019年 ・アイスランドの子守唄コンサート開
・周防大島の人たちの会コンサート開催。
・秋田蓮さん、ふるさとをうたう東京公演
2020年 ・長谷川芳博、会長に就任。
名称を日本子守唄協会から日本ららばい協会に変更。
・コロナ発生で、国立青少年教育振興機構など7か所コンサート中止。
・現葛飾区高砂の事務所に移転。母子生活支援センターの看板を掲げる。
・子ども配食開始。

ららばいアーカイブ

2004年3月17日
深川小劇場
今は亡き初代会長の松永伍一さんと西舘理事長。
2004年~
常田富士男さんは、この頃から何度も赤ちゃんをおぶったおじいちゃんで出演。
2005年7月16日
「子守唄よ甦れ」発刊のシンポジウムが開催されました。
2008年11月26日
立川市子育てフォーラムにボニージャックスの皆さんが出演。
2010年1月8日
本條秀太郎さんが親子の絆のコンサートに登場。
2012年12月4日
東京で「三婆おもしろおかしブレイク」開催。三婆とは藤村志保さ
ん、湯川れい子さん、西舘好子。三婆活動はこれから。
ゲストは米良美一さん。
2014年10月4日
ティアラ江東で古謝美佐子さんと。以後も古謝さんは何度も出演してくださいました。
2014年12月21日
スミセイ江戸博クリスマスコンサート
子どもから大人まで、このシーズンはいつもサンタが登場。
2015年11月14日
京都にて宇崎竜童さんによる「竹田の子守唄」出演。
公演の構成、ギター、唄はすべて宇崎さんのオリジナル。