虐待から、子供を守ろう

子守唄という処方箋

日本ららばい協会は、子守唄を通し、お母さんと子ども達を応援します。虐待を受けてしまった子ども達の心が少しでも癒やされるよう、また虐待の未然防止につながるような活動をしています。
SOSを発信しているお母さんの心に寄り添う活動を行なっています。

お知らせ

お知らせの続きを読む...

日本ららばい協会からの
お⼒添えのお願い

守唄は日本の宝物

赤ちゃんは見ている
知っている 聞いている

お母さんのすべての情報を受けて、赤ちゃんは生まれてすぐに人とのコミュニケーションを作り発信します。幼児体験でのつらい哀しい経験は、生涯を通してその子に暗い影を落とします。無意識に身体に刷り込まれてしまうからです。幼児にとって最大の関心事はマザーリース(母親語)の発するリズミカルな音と言葉です。子守歌は、子どもにとってそして母親にとって相互に共有できる永遠の愛ある故郷として心の中にあり続ける宝なのです。

児虐待のない社会へ

赤ちゃんの脳は、生まれた瞬間から言葉を話す準備が出来ています。赤ちゃんが歌えない話せないのは、体験と経験がまだ不足しているからです。言葉はマネから単語の組み合わせに入ります。リズムに動作や知恵がついて身についていきます。寄り添う人間の生活のリズムの習得がなければ自分から表現をすることは至難なのです。幼い時に自己否定されてしまえば、心身の傷はどれほど大きくなるかしれません。幼児虐待は最も罪の深い犯罪の一つです。私たちは、幼児虐待のない社会を作らなければなりません。

どもは未来

それでもなぜ虐待は起こる

虐待防止は、いくら騒がれても減ることはありません。社会が複雑化、文明化していけばいくほど弱い者への配慮は欠けていくのです。家庭のありようの多様化と劣化、貧困と格差の犠牲、再婚や離婚の増加、結婚の高齢化、核家族の閉鎖性と地域社会のつながりのなさ、これらの複合的要因が「虐待」を多発させています。最近では親の育児の孤立化や孤独、高齢化の波が個人の負担となって育児世代を追い詰めてきています。実の我が子への虐待が多いのは、母親の精神のありように問題が多いためです。町に子守唄が流れる優しい社会を作りましょう。「社会が優しくならない限り虐待という現実は減ることはない」(小児科医 故小林登先生の言葉)

「社会が優しくならない限り
虐待という現実は減ることはない」

(小児科医 故・小林登先生の言葉)

日本ららばい協会の
活動内容

日本ららばい協会は、
「いのち」の教育を広め伝えていきます。

私たち日本ららばい協会は、「子守唄」ということをキーワードに「子ども達の心の健全な育成」を目標に西館好子を中心に2000年11月に発足しました。無意識の中に育まれる無償の母親の愛情がその子の基本を作り、その子の生涯に影響します。毎晩母が唄う「子守唄」そんな環境が子どもの心を育てます。
今、子ども達を守らなければという思いは、「幼児虐待」というニュースの報道がきっかけでした。一体どうなっているのだろう?
「親子の絆」の喪失は、高度成長期以後の現象ではないでしょうか?生活の豊かさや核家族の増加の時期から、子ども達の犯罪や虐待、薬物蔓延、いじめやひきこもりも多くなってきました。後の調査で、そのような子ども達は、子守唄をはじめとする情緒的な環境がなかった状態で育っています。当協会は、唄や朗読を通し、母親の心育てが虐待未然防止につながると考え、育児に関わる母親達の子育て支援をして参りました。
これからも私たちは「すべての子ども達が伸び伸びと成長する世界」を目指し活動を続けて参ります。

日本ららばい協会は、昔から伝わる子守唄を伝承し、子守唄を通し、母の育児応援、子どもの健全育成、そして虐待された子ども達が自立し社会で生きていけるための力をつける支援を行なっています。

  • 「母親と子ども」支援活動

    「親子で一緒に」という0歳児から親子で参加できる子守唄、童謡コンサートやお話の会を各地で開催しています。
    0歳児の赤ちゃんを連れて行けるコンサートは、なかなかありません。赤ちゃんが泣き出しても、子どもが走り出しても大丈夫なコンサートです。
    本物の楽器とプロの歌手が歌うきれいな日本の子守唄や童謡でお母さんが日頃の子育てストレスを解消する時間を提供しています。
    リラックスした気持ちになって、また明日からの子育てが優しい心で出来るようにお母さんを応援します。
    またコンサート終了後に、子育ての悩みや不安を相談出来るコーナーを設置しています。

  • 母親応援活動

    「マザースクール」の開催
    これから母親になり子育てをする前に、母親について学びます。
    「ママ会」の開催
    お母さんが赤ちゃんや子どもと一緒に行ける場所を作ります。お母さんが毎日の子育てで感じる悩みや不安を相談する場所を作っています。月に一度「ママ会」を開催しています。
  • 自立支援活動

    いろいろな事情により養護施設で育った子ども達は、卒園後に今度は一人で生きていかなくてはなりません。
    日本ららばい協会は、18才になった子ども達の就職斡旋や住居の斡旋を行ない、彼らの巣立ちの支援を行なっています。
    特定非営利活動法人 夢の宝箱と協働事業を行っています。

  • 虐待のない社会を目指す活動

    「虐待」を考える会を開催しています。
    「虐待」が茶飯事となり、「虐待の本質」をより理解をしていただくための現状報告や事例などの報告会をどんな団体でもどんな施設、どんな場所でも開催していきたいと思います。

  • 子守唄の情報収集と伝承活動

    今日まで子守唄には正式な「記録」や「保存」などがなされている専門機関はありません。日本ららばい協会では、子守唄を全国で収集し、歌詞や楽曲を日本の文化遺産として保存すると共に子育ての伝承の知恵をも子守唄から学びます。

  • 協会会報誌の発行事業

    協会会員及び各地域の自治体・医療機関・教育機関等への情報発信のため、年4回の情報紙「ララバイ通信」を発行します。

職員紹介

子供の声・親の声・支援者の声

虐待されたどもの声
コンサートを聞いた子どもの声

日本ららばい協会の
活動内容と写真

子守唄のQ&A よくあるご質問

子守唄は大切ですか?
とても大切です・・・「三つ子の魂、百まで」の通り、自分の意志より、無意識の中でしっかり“心”のありようを育てていくものだからです。
・・・それはなぜです?
生きてきたことを望まれ、大切にされ、愛情の中にすっぽり入って静かに眠れる幼児時代をもつことで、人は人を信じ、愛情の豊かさを深くうえつけられるからです。
子守唄は誰が唄うのですか?
大人なら誰でも歌えます。又しばらく前までは、子守娘という制度があり、子守唄が唄っていたのも多くあります。
子守唄は今なぜ必要なのでしょうか?
親子のコミュニケーションの始まりの役割が子守唄にはありますが、そのコミュニケーションを作る素材の子守唄がだんだん唄われなくなりつつあります。どんな問題もいきつくところは、親子にその起点があることを思うと人と人との絆が失われつつある現代にもっとも必要なものと考えます。
子守唄は詞が古く、曲は緩慢なのではないでしょうか?
たしかに旋律は鈍感に感じると思います・・・しかし、心臓の鼓動に近い音階です。人は生きる心の痛みがわからないと、優しい気持ちになれません。ゆるりとした旋律はうら哀しい情感をより訴えていると思います。
最近の子どもたちの状況と子守唄は因果関係はあるのでしょうか?
あると思います。自己中心的な考えと攻撃的性格には、人に対しての優しさは全く感じられません。つまり物悲しくなるという大切な感情が育っていないのです。犯罪もたぶん、本当に悪いこと、人が悲しむというところまで思いが至っていないから起こるのではないでしょうか。
子守唄を唄えばいい子が育つのですか?
そんなことはありません・・・しかし、唄うことは自分の悲しみや愛を深めていくということを大人が自覚することが大切で、その人たちの心が無意識に子供に伝わると考えてほしいのです。
日本ららばい協会の役目は?
“命”の伝承と大切さを訴えていきたいのです。それは子守唄が平和の唄でもあるからです。かつて部族戦争のなかでは子守唄を唄ったために出身地がわかり、殺されてしまったという例もあるくらいです。

日本ららばい協会からの
お力添えのお願い

運営者情報

商号 特定非営利活動法人日本ららばい協会
所在地 〒125-0054
東京都葛飾区高砂3丁目13番13号三浦ビル1階
設立年月日 平成12年11月10日
NPO法人認可 平成14年9月13日
TEL 03-6458-0283
FAX 03-6458-0284
URL http://lullaby-japan.com/

旧NPO法人日本子守唄協会 公式HP
もご覧ください

公式HPはこちら